外構工事の施工例(埼玉県所沢市 F様邸)

 

道路突き当りの場所にあるF様邸。
そのため、車の向きは敷地内で行うことを前提に住宅設計されておりました。
外構ではそれに合わせたプランが必要になりました。
大半の面積は予算、使い勝手を考え土間コンクリート仕上げになりましたが、
アプローチはその広さを利用し、ゆるやかなラインで玄関へ導く優雅な弧を描きました。
そして自然石を施し、全体が締まったデザインに。

 

 


デザインの一部としてアールを活かした植栽スペースも設けました。
住宅や外壁などの相性を考慮し、シンボルツリーにはコハウチワカエデを。
この樹の持つ独特のやわらかさが季節の移ろいを演出してくれることでしょう。

 

庭にまわるともう一つの見せ場があります。 大半を車庫として使われる庭の一角にある和室前スペースです。 ここも車庫の一部として使用できるデザインになっており、写真手前の石貼りの島は車両の乗り入れが可能になっています。

 


 

駐車スペースとの空間を遮るようにアオダモの株立ちを植えました。
春には涼やかな風を運び、夏には日を遮り、秋には色を染め、冬にはしなやかでありながら凛とした樹形に目を引かれることでしょう。


玉龍が瑞々しくアオダモの足元を飾ります。

 

この素晴らしい紅葉をみせるのはコバノズイナ。
枝ぶりも見事です。

 


 

 

境界部には通りからの視線を遮る目隠しになるようにコニファーやモッコウバラを植えました。今は秋。春には芝が芽吹き鮮やかな景色が目に浮かびます。

 


 

 

ご新築の完成記念としてF様ご一家は、土間に手形を残されました。
お子様達の健やかなるご成長を心よりお祈り申し上げます。


お問い合わせ TEL 04-2969-0320

高杉工業公式ブログ

代表Facebook